姫路城と五層もなかの歴史

姫路城と五層もなかの歴史

昭和31年、姫路城の改修工事(昭和の大改修)を祈念して、雄大で雅な姫路城にふさわしいお菓子を創作しようと当時の弊社社長(現会長)が考案し、できるだけお城に近いものを作ろうと試行錯誤し、現在の形になりました。

手作りで、餡は北海道産小豆のみを使用し、刻み栗を入れ、最中種(外皮部分)は、佐賀県産ヒヨクもち米を玄米で仕入れ、一つ一つ手焼きで焼いております。

  • 国宝姫路城について
  • 五層もなかの歴史

商品のご案内

五層もなか 5個入り
monaka01
五層城である国宝姫路城をかたどった、甘さ控えめの手作りもなかです。
姫路ロマン 5個入り
roman01
姫路城の石垣模様が特徴の姫路ロマンは、一つずつ手作りのため数量限定の商品です。
姫路城瓦煎餅 18枚入り
kawara01
美しい姫路城の焼印と香ばしさの中にほのかな甘さが自慢の手焼き煎餅です。
姫路田作り 1パック
tadukuri01
まごころを込めてつくりあげる田作りは、手作りのため数量限定です。
しろまるひめくっきぃ
しろまるひめくっきぃ
平成の大改修完成を記念してリニューアルしました。
しろまるひめ豆乳かりんとう
しろまるひめ豆乳かりんとう
“パリッとしてサクサク”
豆乳を使った、新製法のかりんとうです。
しろまるひめうす葉かりんとう
しろまるひめうす葉かりんとう
ほんのり甘口。薄く木の葉のように仕上げました。
しろまるひめ旨い!ピリ辛かりんとう
しろまるひめ旨い!ピリ辛かりんとう
甘さの中にピリッとくる辛さがくせになります。
しろまるひめ鈴焼
しろまるひめ鈴焼
古ながらの製法で1つ1つ焼きあげたまーるいカステラを、ほんのり甘く仕上げた一口サイズの鈴焼。

お買い物ガイドはこちら

ページの先頭へ